.

キャッシングした時、返済をする時には利息を乗せた返済になるのは知っていると思います。

キャッシング会社は収益をターゲットにした企業なのですから無論問題ありません。

しかしお金を支払う方は、ちょっとでも少なく返金したいというのが本心でしょう。

利息制限法が施行される前は年率30%近い金利を払わされていましたが、設けられてからは高金利でも年間18%位と随分低く定められていますので、とってもリーズナブルになったようです。

最近のローンの金利幅は4%位から18%位の幅に決められていて、利用上限額により定められます。

利用可能額は借り主の査定によって左右されます。

総量制限により収入の1/3までと設けられていますので、年収がどれほどあるのか?どのような職業についているのか?カードの使用履歴はどうなのか?いろいろ調べられ貸付可能金額としてクレジットカードの内容が決まることになります。

カードキャッシングの場合利用できる額が10万円〜800万円(各企業で内容は異なります)と広い枠があります。

こうしてその枠の中で決定した利用可能金額により金利も決まってしまいます。

50万円なら年18%、300万円なら12%、800万円なら年率4%といった具合になるはずです。

要するに評価が上がれば、貸付可能金額も高くなり、利息も低いというわけです。

この事実に疑念を覚えるのは私だけでしょうか?余談になりますが、カード業者にとって、これらは問題がない事なのでしょうが、一年の収入の良い人がローンサービスが不可欠とは思えませんし、万一お金を借りたとしても利子がどうであるとお金の返済に悩む事はないです。

反って年の収入の低い人は咄嗟にお金がほしいから借りる人が多く、利子が悪いと返済に困るはずです。

このため借り入れ可能範囲の良くない人こそ低利率で活用できるようにする必要があるのではないでしょうか。

この考えは活用する立場としての意見です。

これらを踏まえて、利息を低くする為にはどうしたら良いのか、おぼろげながら気付いたと思います。

現にこれから記述方法で、申し出をする人がたくさんいるので紹介しますと、クレジットカードの手続きに申込みをする際に、年の収入の1/3ぎりぎりの額まで申し込むのです。

年収450万円なら150万円。

申込みのカード審査で満額通ればそれだけ利子が低いクレジットカードを手にすることができます。

と言って限度額ギリギリまで使用しなければならないという事はありません。

5万円でも40万円でも必要な金額だけ使用可能です。

そのうえ利用限度範囲が300万円で最低利子年間7%位のローン業者も有りますので、その企業に申請すればその会社の最低利子で受ける事ができるようになるはずです。

どうですか?やり方次第で低利率のクレジットカードを手に入れることが出来るのです。

自身の収入とローン会社の金利を照らし合わせて、調べる事に時間を掛ければ、より望ましい契約で借りれるはずなので、面倒だと思わず調べるようにしてください。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.mandala2009.com All Rights Reserved.