.

自分の子どもにお弁当を作るようになり、いかにお弁当作りというものが大変なのかということを身を持って体感するように なりました。 私は高校生の頃から母にお弁当を作ってもらうようになったのですが、自宅を出る7時30分には毎朝お弁当が出来ており、 それを当たり前のように持って行っていた上に、おかずに関してダメ出しをしていたという不届き者でした。 最近は冷凍食品もとても充実しており、レンジでチンをするだけで立派なお弁当が出来上がります。 しかし、当時は冷凍食品といっても、例えば海老フライの衣のついたものが冷凍されているだけでなので、揚げる手間があったものの、手間を惜しまず母は朝から天ぷらやフライを揚げてくれていました。 今は、レンジでチンをするだけでフライ物もお弁当に入れることが出来るので助かっていますが、片づけや時間のかかるものを自分が子どものお弁当にいれてあげるかというと、とてもじゃありませんが面倒で出来そうにありません。 母は偉大だなと思っている次第です。

Copyright (c) 2000 www.mandala2009.com All Rights Reserved.