.

一般に、免許皆伝、と言えば、何かの芸事の資格を思い起こします。私の家族は、木目込み人形の教授免許を もっています。一応、何何学院の、免許状と看板をもっていて、教えることができますが、教えたことはありません。 私は、民間資格の書道会の師範免許をもっています、いくつも。これは、本来、公的な物ではありません。 その会を出てしまえば、あまりいうことをきかない免許です。しかし、公的資格のほうには、免許の文字はありません。 公な物の方が、師範はないし、免許状と記されてはいないのです。 一般のかたからすれば、堂々と、免許、と書かれている方が、凄いと思われるかもしれません。 親は、お花も習って免許を持っているようですが、私は、こういった方は、からっきしダメなので、 親ほどたくさんの種類の免許をもってはいません。専門だけを持っているのです。 しかし、今思えば、いろいろ免許を持っていた方が、役立ちました。 専門は、専門、それしかできない、と言うことです。 公的資格でなくても、免許は免許、やっぱりたくさん勉強しておくべきでした。

Copyright (c) 2000 www.mandala2009.com All Rights Reserved.